Loading...

ぽんとぺんぺ/くり豆本舗

北海道・十勝産の豆でこしらえた小さなお菓子「ぽんとぺんぺ」を、豆のまち 本別町からお届けします。

豆のまち 本別町

HOME TOWN

本別町は、明治35年9月15日に役場が本別市街地に置かれ、平成13年に100周年を迎えました。
町名の由来は、アイヌ語のポン・ベツ(小さい川)を語源とし、本別市街地で利別川と合流する本別川から名づけられました。

ほんとぺんぺのふるさと、本別町

ぽんとぺんぺの故郷 豆のまち 本別町

1. 浦幌坂展望台から本別中心市街地を望む
2. 本別公園(かぶと池)
3. 本別公園(遊具)

美しい豊かな緑に囲まれた、
日本一の豆のまち・本別町

本別町は、北緯43度07分、北海道・十勝平野の東北部に位置する町です。町の半分以上の面積が山林で覆われた、美しい自然と豊かな緑の中で暮らしています。

利別川が街の中心を緩やかに流れ、環境に恵まれた本別町は、十勝特有の大陸性気候で、夏と冬の寒暖差が大きく、一年を通じて降水量が比較的少ないのが特徴です。

冷涼で、十勝晴れとも呼ばれる晴天が多い気候のもと、広大な大地では肉牛や乳牛の飼育などの酪農や大豆、小豆、小麦、ビート、馬鈴薯、コーンなどの畑作が営まれています。

市場で十勝ブランドとも賞される優秀な農作物の中でも、とりわけ本別町産が高い評価をいただいているのが「」です。成長・収穫期の昼暑く夜涼しい一日の寒暖差が、糖分をしっかりと蓄えた甘く、味わい高い最上質な豆を育てあげます。

豆王国のマスコット

豆王国のマスコット 元気君
豆王国のマスコット 元気君

本別町は2001年(平成13年)に開町100年を迎え、記念事業の一環として、キャッチフレーズとマスコットキャラクターの公募を行いました。

公募の中からキャッチフレーズは「きらめき自然都市ほんべつ」に、テーマは「いいひと いいまち いきいきほんべつ」となりました。

町のシンボルマークは、本別町の特産品「豆」をモチーフにしたキャラクターとなりました。愛称は本別町にふさわしいと「元気くん」となり、現在カントリーサインなどで活躍しています。

  1. ホーム
  2. 豆のまち 本別町
↑ページ先頭へ